おいらせ農業協同組合

  • 文字の大きさ:
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
ホーム JAおいらせのご紹介 JAおいらせの概要

JAおいらせの概要

おいらせ農業協同組合の概要について

JAおいらせの概要

 

本店写真
(本店)
設立 平成13年4月2日
代表者 代表理事組合長 沖澤 繁弥
正組合員数

1,943名

准組合員数 1,617名
貯金 328億4千万円
貸出金 96億2千万円
長期共済保有高 1,320億1千万円
購買品供給高 17億6千万円
販売品販売高 70億9千万円

                      (令和2年3月末時点)

 

役員                  (令和2年6月26日~)                    

六戸支店写真
(六戸支店)
代表理事組合長 沖澤 繁弥
代表理事専務 中屋敷 一夫
常務理事 馬場 英和
理事 千葉 勝雄
理事 根岸 金雄
理事 坂岡 直哉
理事 赤石 義昭
理事 新山 秀男
理事 豊川 健吉
理事 金沢 幸弘
理事 浪岡 英悦
理事 田中 優子
理事 織笠 光子
代表監事 久保 稔
常勤監事 角 石二郎
監事 

今出川 弘

員外監事 濱田 廣司

管内マップ

組織概要

h31

組合長あいさつ

JAおいらせのホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。okisawa-kumiaichou

当JAは平成13年4月にJAみさわ・JA六戸町の2JAの合併により誕生しました。

青森県東部に位置し、四方を太平洋・小川原湖・奥入瀬川に囲まれた肥沃で広大な平野が続く穏やかな里であります。

自然豊かな恵まれた環境のもと、消費者の皆様方から求められている「安心」「安全」な農産物の提供に、地域組合員と一体となって取り組んでいます。

このホームページでは、JAの経営方針や業務内容に加え、組合員はもとより、地域のみなさま方にご利用いただける各種事業への取り組みにつきましてご紹介しております。

今後も、ご覧頂く方に役立つ情報をご紹介し、さらには、皆様に信頼されるJAを目指し役職員が一丸となって取り組んでまいる所存であります。

当ホームページにより、尚一層のご理解を賜れば幸いに存じます。

令和2年1月
代表理事組合長 沖澤 繁弥

経営理念

 JAおいらせは組合員の皆様と力を合わせ、「」と「」と「」を守り、地域社会に貢献できる組織であるよう努めます。

基本方針

 国内の農業情勢は、平成30年度の食糧自給率がカロリーベースで37%と発表され過去最低となりました。「食」は命の根源でありますが、その「食」を支える農業、そしてその農業を基幹産業としている農村は、基幹的農業従事者の減少、高齢化、労働力不足、異業種からの農業参入が増加し、危機に直面しています。

 このため、JAは作業受託事業の継続、労働力支援、TAC活動による担い手のニーズ把握と意見反映に努め、農業生産の維持に取組み、総合支援体制を強化し、消費者のニーズに対応する安全・安心で高品質な農畜産物の生産を支援します。

 第28回JA青森県大会で、農家組合員の農業所得の増大とJAの活動基盤である地域の活性化に取り組むことを決議しました。当JAは令和2年度から中期3カ年計画を策定し、人と人のつながりである「協同の力」や組織の「結集力」により実現に取り組みます。

○指導事業 土づくりや土壌診断に基づく肥培管理により生産コスト低減に努めるとともに、生産工程管理(GAP)や残留農薬検査など、安全・安心な農産物生産と持続可能な農業の実現に取り組みます。多様化する担い手経営体を訪問し、情報提供やニーズの把握に努め、安心して農業経営ができるようにサポート体制を強化します。合わせて、無料職業紹介事業を活用し担い手経営体の労働力不足の軽減に努めます。

○販売事業 消費者に信頼される産地確立・共販の拡充による計画出荷を図り、所得向上に努めます。

○経済事業 早期予約購買の推進により、生産資材コストの低減と事業の維持拡大に努めます。

○信用事業 総合事業としての優位性を発揮し、他業態と差別化した価値を提供し、組合員・利用者の生活基盤拡充と最適な商品サービスの提供に取り組みます。

○共済事業 組合員・利用者の信頼と期待に応え、「ひと・いえ・くるま」の総合保障の提供を通じて、組合員・利用者の豊かな生活づくりに努めます。事業活動の積極的な取組みを通じて、地域社会に貢献します。

 JAの経営環境が年々厳しくなっていますが、持続可能な経営基盤を確立するとともに、組合員の意見を事業運営に反映させ、JAが将来も地域の農業や暮らしに欠かせない存在となることを目指して役職員一丸となって取り組みますので、組合員・皆様の特段のご理解とご協力をお願い申し上げます。