おいらせ農業協同組合

  • 文字の大きさ:
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

ごぼう

生産量日本一!肌が白く、長さがあり、シャキシャキした食感と香りと風味が自慢です。

gobou01

alt品種名

柳川理想

 alt生産組織

おいらせ農協 やさい推進委員会 ごぼう部会
栽培面積:460ヘクタール/生産者数:373名
・三沢地区部会長:織笠 光子 氏
・六戸地区部会長:五日市 茂 氏 

gobou02

alt栽培の特色

当地は、長いもの栽培が盛んで輪作体系のひとつとしてごぼう栽培がさかんになりました。 そして、現在では、青森県全体としてごぼうの作付面積・出荷量とも日本一となり、当JA管内のごぼうの作付は、青森県の中で、市町村別作付面積の1位(三沢市)・2位(六戸町)を占めています。
また、当地区のごぼうは、風味が良くシャキシャキ感があり、市場評価も良く、テレビの料理番組等で数多く取り上げられています。 

Window_Icons_01ごぼうの見分け方・選び方

gobou03「ごぼう」は、収穫後時間がたつにつれて乾燥し、香りが貧しくなり、堅く、スが入ります。
「ごぼう」の選び方は、「太さが一定で太すぎず」、「ヒゲ根、コブのないもの」、「泥付きで湿りがあるもの」を選びましょう。 

Window_Icons_01保存方法

「ごぼう」は、利用する分だけ買うのが理想的です。多めに購入した場合は新聞紙に包んで乾燥と直射日光を避け、4℃前後の冷暗所で保存しましょう。また、土の中に埋めておけば、かなり長く保存できます。